コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

やはり体質なのか?謎の微熱

先週、風邪をぶりかえしてしまったので、今日は一週間遅れのメンタルクリニック通院日でした。

今年はやたら寒い日が続くこともあり、体調管理が難しいです。

暖房の使い過ぎには注意しているつもりですが、加湿器をフル稼働させていても室内が乾燥しがちなのと、もともと私自身、体温調節がうまくいかない体質なので、風邪をひきやすいのかもしれません。

ここ一カ月の間、ほとんど微熱がある日が続いているのですが(37.0℃~37.3℃)

のどの痛み、鼻水など風邪の症状はその日により出たり出なかったりです。

しかし、仕事を休んでばかりもいられないため、インフルエンザではないので、マスク着用ならいけるだろうと判断し、風邪薬を飲みながら出勤していました。

そのかわり、睡眠時間は平均11時間はとっています・・・やたら眠いのです。そして食欲が・・・。

やたらとあるので???これは本当に風邪なのか?という感じです。

子供の頃から、平熱が高め(36.5℃~36.8℃。しかも、夏季は37.0℃とか普通にある)なので、自分では冬季うつ病なのか風邪なのか判断しにくいのです。

ちなみに、メンタルクリニックでも「やはり風邪でしょう」と言われましたが。

.....追記.....

一か月以上風邪が治らないということは今まで経験したことがないので、かなり不安です。

発達障害はさまざまな身体疾患や、病気までいかないまでも、慢性的な身体の不調を伴う事が多いそうですね。

書籍やブログなどの当事者の手記にも、さまざまな症例が書き記されていています。

医療関係者には、障害特性の中で見落とされがちな、身体的な症状にももっと着目していただきたいです。

私の場合、一年前の血液検査で高プロラクチン血症と、中性脂肪が基準より低いという結果が出ましたが、医師の見解では、いずれも「気にするほどではない」そうです。



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。