コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

診断されてから二年

早いもので、高機能自閉症と診断されてから二年が経とうとしています。

ようやく診断名がついて、今までの生きづらさの原因がはっきりとして、いくらかは心の負担が軽くなりました。

しかしアラフォーであるという事実、過ぎてしまった年月は取り戻せないのです。

診断を受けた都内の某クリニックの主治医には「成人に対してSSTはあまり効果がない」とはっきり告げられ、できることは二次障害に対する投薬のみ。「カウンセリングを受けてもよいが、それもあまり効果が無いと思う、とりあえずこれからのことは、Fメンタルクリニック(現在もうつ病で通院している)で相談して決めてください」と言われました。

恥ずかしい話だけれど、診断後の一年ほどは、もう手遅れだからと放り出されたあせりと絶望感が強く、精神状態が不安定でした。
親に私の本当の姿を知ってほしいと、「私は自閉症だから」「私はこんなに苦しかった」とことあるごとに、「現在・過去の失敗」の原因を追究し、老年にさしかかった親を苦しめる日々が続きました。

一年くらい過ぎてからようやく、これでは何の解決にもならないと気付き、それでもしつこく心の中でうずく「人生を取り戻したい」という無理な願望を、バーチャルな世界で解決しようと試みたのです。

バーチャルとはいっても、(私が)出来る方法は限られています。

1・寝逃げ(睡眠時に見る夢の中では、私は活動的で楽しく過ごしている事が多い。また世界の色彩も何故か美しい)

あと、これは決してバーチャルな世界ではないのですが・・・

2・自閉症育児カテゴリーのブログを読み、両親とともに障害を乗り越えていく子供の記事を読んで、自分の幼少時の心についた傷を癒す。


結果、家庭内において、自閉症であることを訴える行為をせずに済むようになり、以前の落ち着いた生活を取り戻すことができました。

診断されてから三年目。今一歩、建設的な生き方・考え方ができるようになろう。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。