コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「就職したくない」と涙ながらに訴えたあの日(3)

・・・あまりその当時の事を思い出したくない。

もうかなりの年月が経っているので、いいかげん振りきれたと思っていたのだけれど・・・

結局、私には引きこもるだけの根性がなかったのね。根がまじめというか・・・。

なにしろ、専門学校にかかった学費が半端でないことくらい、私にも分かっていたので、「就職しないという選択」は犯罪に近いのではないか?という結論に至り、清水の舞台から飛び降りる覚悟で就職したわけ。

結果としては・・・

・良い・・・貯金ができた。正社員として企業をのぞくことができた。

・悪い・・・(おそらく)過剰適応をしたので、体調を崩してしまった。

それでも、栄養士として二年弱勤めたので、「自分としてはよくやった」と思うことにしている。

(完)

・・・11/6 追記

当時は、「自分は心身共に健康な若者」であると思い込んでいたので、「働かないで家にいる」事にとても罪悪感を感じたのだと思います。

思い込むということは、ある意味凄いもので、社内での飲み会にも参加していたし、終業後に習い事をしたり、休日には友人と日帰り旅行をするなど、ほぼ「定型発達の若者」と同じ生活をこなしていたのです。

しかし、じょじょに疲労がたまっていき、結局は退職することになってしまいました。

自閉症と診断されるまで、その後もずいぶんと遠回りしたわけですが、おかげで「ふつうの若者」としての(今思うと貴重な)人生経験がつめたので、これらの年月も無駄ではなかったということなのでしょう。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご訪問いただき、ありがとうございます。
自分らしく行きましょう!
水銀灯は人の足元も照らす代わりに自分の足元のも照らしてくれます。簡単に人の為と思い行動すると自分も助けてもらえるかな?
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。