コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

障害年金にこだわる理由

小学生の頃は、自閉的症状が認知・行動面ではっきりと表れていたことが、通知表などの記録からもわかります。

以前の記事:小学生の頃は高校へは行けないと思っていた

明らかに障害があるにもかかわらず、教育現場で見て見ぬふり(?)をされ、そのために二次障害の精神疾患をわずらい、地獄のような日々を送ることになったのです。

二次障害は、さまざまな神経症やうつ病などでしたので、十代の貴重な時間をただ悩み苦しむばかりで過ごしました。

昨年ようやく、私が悩み苦しんできた原因が自閉症であるということがつきとめられたのですが、治療法や支援などほとんど無いという現実を目の当たりにして、正直な気持ちかなり落胆しました。

今まで、ありえないほど無理をしてきて、そのためか、短時間の会話では自閉症と気付かれないようです。(なので現在の職場でも続いているのでしょう)

年金は今まで働いて、自分で払い続けてきたものです。

高齢者世代を私たちの世代が支えているしくみになっていることは承知しています。

しかし、自分が(障害を持っているために)困っている場合は、年金を受給する権利もあると思うのです。

まずは、通院・服薬の記録などをまとめることから始めようと思います。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。