コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

通院日でした。

仕事は定休日で、通院日でした。

倦怠感と頭痛のため、午前中はずっと寝ていました。

途中、余震が何回か来ていたようでしたが・・・。

駅に向かう途中の道のりは、日差しがとても暖かく、草木も春の装いで美しく目の保養となり、頭痛もすっかり忘れてしまいました。

とりあえず、メンタルクリニックの主治医には、微熱、倦怠感、頭痛のことを伝えたところ、念のため内科で診てもらった方が良いとのことでした。
(当然、そのように言われますよね)

もしかしたら、偏頭痛とはこのことかしら?と思い、聞いてみたのですが、「偏頭痛は何も手をつけられないほど痛い」とのことですので、どうやら違うようです。

うつ病持ちでありながら、私は今まで「痛み止めがほしいくらいの頭痛」というのを経験したことが無いのです。

とはいえ、やはり体調が悪いには違いないので、思い切って生活習慣を変えよう!と思いつきました。

今までは、準夜勤の日は、帰宅してから、シャワーの後、食事をして、かたずけなど済ませ、それからネット接続・・・というパターンで、つい寝るのが深夜2:00過ぎということになりがちで、昼夜逆転に近い生活だったのです。

それでは、食事の時間も不規則になるし、睡眠時間も細切れになって、かえって疲れてしまいます。

そこで、惰性を思い切って断ち切り、健康的な生活習慣を取り戻すことにしました。

1、睡眠時間を約7時間にする。
  朝のごみ出しをするためには、朝7:30までに起きなければいけないので、準夜勤の日も、できるだけ深夜0:30までには布団に入る。

2、食事の時間も、朝、昼、夜となるたけ規則正しくする。

3、もう少し体調が良くなってからの話ですが・・・
  朝起きたら、散歩とかストレッチ、真向法体操などを行う。

まずは、1、2を習慣づけようと思います。

それでは、おやすみなさい。

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。