コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

自立、共生とか・・・難しいけれど

震災前までは、恥ずかしいけれど、どうしても「自分ほど不幸な人間はいない」という、独りよがりな考えを拭い去ることはできなかった。

高機能自閉症と確定診断されてからは、「自分は障害者なのだから」「これはできなくても仕方がない」など、悪い意味で開き直ることも多くなった。

・・・・

しかし、震災後、今まで経験したことのない、恐怖や、生活の不便さや、その他もろもろの非日常的経験をして、ようやく「自閉症であっても、人とかかわること(協力しあうこと)が絶対に必要である」という、人として忘れてはならない精神に立ち戻ることができた。

・・・・・

恐怖とか、生活の不便さなど、被災地に比べれば(私の住んでいるところは)、微々たるものなのだと頭では分かっているのですが、今までの日常が大きく変わってしまったというところで、ストレスのためかここ二週間ほど微熱(37.2度位)が続いています。

でも、この微熱は以前にも、何度か経験しているので、睡眠を多めにとり、時間に余裕をもって行動することで、精神的疲労を軽減することで対処しています。

そうすることで、今のところ、体調不良による欠勤をせずに過ごせています。

以下、回想となりますが・・・

・・・3月14日から一週間、通勤時に利用している鉄道が不通となり、通勤するための交通手段が全くなく、「このまま当分の間、会社へは行けないのだろうか?・・ということは解雇されるんだろうな・・・」と、家で悶々としていました。

そこで、はじめて自分が「ただ収入を得るため」だけに働いているわけではない、という事に気付いたのです。なぜなら、なぜか淋しいというか、一人だけ取り残されてしまうような不安感を覚えたからです。

鉄道の運行状況が改善し、再び通勤できるようになった時は、とてもうれしかったです。

なので、多少の体調不良は気にせずに働き、ほんの少しでも社会の役に立てるように努力したいです。

・・・て、美化しすぎ?いつまで続くのか私、と一応ツッコミを入れておきます。





テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ナート

Author:ナート
☆訪問ありがとうございます☆
                              *成人するまでの成長過程では場面緘黙症をはじめとするさまざまな心身の不調に悩まされました。
社会人となるころには場面緘黙症は克服できたと思えたのですが、仕事上のストレスからうつ病となり、それが現在にいたるまで続いています(二次障害としてのうつ病)。

40代となった今でも対人関係は苦手です。家族ともあまりうまく話せないという現実があります。それでも以前に比べれば随分進歩したようです。

転職を繰り返し、ようやく「自分にとっては天職かもしれない」と思える仕事・職場に巡り合えました。パートタイムの仕事ですが、確定診断後から約5年半続いています。ありがたいことです。


*高機能自閉症
(H.22.7月に確定診断)

*埼玉県在住

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事
カテゴリー
リンク
[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。